生存者の治療と 大韓航空機事故の8人の生存者が グアムの海軍病院から 横須賀の医療チームの協力によって 8月8日韓国に運ばれた 医師は生存者が衝突のショックの治療のため 精神医学的なカウンセリングを受ける必要があると語った そのため 圧力隔壁が破損し 垂直尾翼 補助. 生存者の証言 落合由美さんの証言 落合由美さんは当時日本航空のアシスタントパーサーだった 12日当日は千歳 羽田間1往復半の勤務を終えて 大阪の自宅に戻る為に123便に乗客として搭乗した 事故当時26歳. Pin On […]