アパート経営においても 独身者や少ない世帯人数に適した物件が好まれると予想されます 高齢者は増加している 全体の人口は今後減少していきますが 65歳以上の人口は増加しています. アパート経営の将来性を考えるにあたって見過ごせないのが空き家率の上昇です 総務省統計局の 平成25年度住宅土地統計調査結果 によると空き家率は135と5年前の調査に比べ04ポイントも上昇し過去最高を記録しました. 首都圏における新築マンションの販売が減少している 在庫を抱えるデベロッパーも増えており 一部からはマンションバブル崩壊の声も聞こえてくる だが販売不振でデベロッパーの 経営が苦しくなることと マンション価格が暴落することはまた別の話である 仮に今の アパート経営の収支計画とは アパート経営は長期にわたる事業です将来にわたって収支がどうなるかをシミュレーションし全体の計画を立てることがとても大切になります アパート経営の収支計画書とは一言で言えば経営スタートから長期間の事業収支のお金の流れを一覧. アパート経営 […]