筋交 筋違 とも表記され ブレース brace とも呼ばれる 構造体の 耐震性 を強める効果があり 建築基準法 では一定の割合で筋交いを使用することが義務づけられている 梁 と梁耐力壁で十分な強度が発揮できる場合は除く. 筋交いを入れる空間の水平方向の長さは柱芯間の距離が 1820 で柱の太さが 1204寸なので1820-1201700. 耐力壁 耐力壁 壁 […]