建物を真上から見たときの外周で求めた面積のこと一般的な住宅では 1階部分の面積 がおおむね該当します ただ設計によっては2階の面積の方が大きい事がありますがその際は 2階を地面に投影した面積 が建築面積に該当します. 後者の有効面積は111平方メートルであり 建ぺい率 や 容積率 などを計算するときにはこの有効面積が基準となるほか単価を比べる場合にも有効面積をもとに計算することになります. 二級建築士製図対策室 高さ制限 法規の検討 斜線制限 道路斜線 隣地斜線 北側斜線については 下表のように用途地域により制限されますが 試験で出題される木造2階建においては […]