8 接続される各建築物における延焼の恐れのある部分は渡り廊下がない ものとして算定すること 9 渡り廊下の1階部分には外部への出入口を設けること 10 渡り廊下の階数は避難階を基準として2以下とすること. 別棟と渡り廊下の関係 A棟とB棟を渡り廊下で一体化した場合エキスパンションジョイントで接続すれば別棟として扱えますまた前述したように増築する場合は既存遡及の関係に注意します まとめ 今回は別棟について説明しまし. 澤村昌彦建築設計事務所 a house 一般住宅設計 澤村昌彦 京都府 建築家web 家の外壁 平屋外観 […]