アパート経営においては 新築の時点で長期修繕計画を作成しその計画に基づいて修繕工事を行う必要があります 外壁は10年程度で塗り替えや目地の補修といったメンテナンスが必要になりますから 築1012年の間に1度目の修繕 を行う必要があるでしょう. アパート経営の場合は税務上貸家建付地となりアパート入居者の権利分が差し引かれ評価を落とすことが出来ますよって 相続税対策としての効果は大きい です また固定資産税都市計画税の評価減や所得税対策としても有効です. Prima インテリア アパート 賃貸住宅 賃貸 アパート アパート経営で元を取るのは何年後レバレッジでサラリーマンでも成功する3ステップ シェア ツイート 保存 はてブ […]